FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

月と森と人と / 新月の木国際協会会報第8号


 新月の木が世の中に認知されてくるにしたがって、信頼性保障の問題がクローズアップされてきます。偽物の新月材が横行している現状も見逃せません。これからますます新月の木国際協会の役割も重要になってくるでしょう。当協会の季刊会報誌「月と森と人と」に私が寄せた一文を紹介します。前回のブログ内容と一部重複しますが悪しからず。


 月と呼応する住居の時代
                                           落合俊也
 木はまったく可哀相な扱いを受けている。人は自分より長い時間を生きて成長を続けてきた木を切り倒し、自分の都合で粗末に扱う。素材に畏敬の念を払い、手をかけて物を作るということをしなくなって、物作りの精神や姿勢がずいぶん変わってしまった。素材に対する思いの欠如した物つくりなど本来ありようがないのに。

 家に使われる木のことを考えてみよう。木造といっても、ほとんどの場合その木は壁の中に隠れている。どうせ隠れて表に出ない木であれば、そんなに手をかけることもない。かくして建築における木の立場は下がる一方となってしまった。
 伝統的な工法に見習い、木を表に出して構造即意匠のデザインを長く続けてきた筆者の周りの職人すら、その思いの欠如が見受けられる事がずっと気になっていた。職人の物つくりの姿勢をもう一度昔のそれに戻すことの意義は、労働の本質的意味を問い直すことでもある。職人は自分たちのためにも木に対する姿勢を正す必要があるのだ。

 ところで、木と地球と人間は同一生命体である。宇宙的視野から見れば地球と月も兄弟のように影響しあう存在である。月は地球のかけらだという説もある。ここからは私の勝手な想像話。お互いに影響しあって生きてきた木が、ある日同胞の人間の手で切り倒され、生き物としての生命を終える。その後、素材として再び命を吹き込まれるかどうかは、かつての同胞者だった人間の手で再びエネルギーを注入されるかどうかにかかっている。人の手に愛でられて、再び木と人は同調関係を結ぶのである。だから木造住宅の木は職人の手で加工され細工され、そしてそれらは隠されることなく構造即意匠で表されて、住人との間で呼応しあってこそ神秘性と芳醇さを併せ持つ、まさに人間的空間となりえるのである。 

 地球の懐に抱かれ、樹木に抱かれながら月を見上げて、安息の心を満たした古人の人間らしい本質の心うち。現代人にその心を呼び起こす究極の家の姿をこのやり方で再現することができる。 

 これに比べて現代の家はなんと御粗末なのだろう。工業製品を現場で切り貼りしたり設置するだけで出来上がる力のない空間は、まさに本質的豊かさを持った昔とは断絶がある。
(月と森と人と/第8号 2008年2月15日発行)




  1. 2008/02/19(火) 09:31:39|
  2. 掲載雑誌・記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月的建築術(その5) | ホーム | 月的建築術(その4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toochiai.blog51.fc2.com/tb.php/9-d36a64c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる