FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月的建築術(その28)

 月的家族論3

 家族論の最終回は夫婦寝室問題です。

 「別寝室の夫婦関係は破綻している」 これは一般論として正しいか?
 もちろん一概には言えないにせよ、正しいとする一種の強迫観念が支配しています。だから結構無理して、我慢して同室で寝ている夫婦が大勢いるのです。

 この問題は住居計画学、社会学、人間学から果ては哲学にまで広がる大きな問題だから、ここでの安易な発言は多分に誤解を生む恐れがある。だからこの分野の第一人者の受け売りをメインにしようと思います(笑)

 今、結婚しない男女が増えていますよね。何故かと言うと男女共に結婚すると損だと思う人が増えてきたから。結婚で男は金の自由を、女は時間の自由を失うと彼らは言います。
 こんな風に割り切れる背景は、昔のような家族を中心に自分の人生設計を立てることが、この超高齢化時代には間尺に合わなくなってきたから。
 家族を作ることは、子供をたくさん生んで親業に明け暮れている間に一生が終わり、配偶者に先立たれた後の長い老後を考えなくても済んでいた人口学的近代の過渡期にだけ成立した現象だと社会学者の上野千鶴子さんは言います。

 家族の核としての夫婦ペアが依存し保証しあう関係の場合は、その納まりの意思を社会に表明しておかなければなりません。そのために成立した婚姻制度は、近代においては自分の体の性的使用権を排他的に相手に独占させる契約として成立したもの。だから夫婦は一緒に寝なければならなかった。
 しかし、他人に自分の体の使用権を完全に譲り渡すと言うのも不気味なこと。(これも上野さんの弁。私ではありません(笑))密着してセックスを独占しあう関係より、最初から独立的かつ自立的な繋がりを求め合う関係がより健全な関係といえる。
 
 夫婦は、生活保障を求める関係から心地よさを求める関係へと変化してきています。自立を認め合う夫婦であれば、そのときの気分やバイオリズムで夫婦関係が微妙に変化することを思いやる、そんな大人の関係を担保する手段を準備しておくはず。

 こう考えれば「夫婦が同寝室でなければならない」と言うことはなさそうです。堂々と別室を主張しましょう。北欧先進国では、同居すら夫婦の条件でなくなってきているのですから。





  1. 2008/08/05(火) 11:42:01|
  2. ムーンハウジング/月的寓居
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月的建築術(その29) | ホーム | 月的建築術(その27)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toochiai.blog51.fc2.com/tb.php/40-c4d50f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。