FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サーカディアン・リズムの重要性

 サーカディアン・リズム

 住居にサーカディアンリズムを反映させる為に一番重要なのは朝日の力です。医学的にも証明されていますが、人間のような本来昼行性の生き物の体内時計は24時間より少し長くなっています。この違いは巧妙な自然のしくみです。色々な要因で体内時計が変化してしまうのを朝日を浴びることでリセットしているのです。
 この原理は目の奥にあるメラトニン受容体の働きが握っています。朝日を直接見るのではなく、朝日のさす方向の青い空の光を見るのです。ちなみに朝日を浴びてからおよそ15時間後に眠くなるように体内時計はセットされています。

 この仕組みを知らずに不規則な生活を続ける多くの現代人は、様々な体の不調を訴えることになります。そして薬の世話になることでよけい体をダメにしているわけです。
生活習慣病予防の原則に「規則正しい生活をしましょう」とあります。このこと自体当たり前と思うだけで、実は重視していないのが現代人です。すべての生物は体内時計とサーカディアンリズムを合わせて生活していますが、人間だけがこれを狂わせて平気でいるのです。

 人間が夜に行動するようになったのは、おそらく経済拡大が目的です。人間が皆夜寝るようになったら地球の経済規模は今の半分以下になるはずです。本来それで問題は何もないはずです。活動量が半分になれば経済規模も半分でいい。自然のリズムに調和して生活すれば平和で病気も争いも半減するでしょう。

 このように、体内時計のしくみと重要性を認識すれば朝規則正しく起きて朝日を浴びることを最優先に考えるはずなのです。そうなれば家の作り方も大部変わってくるのではないでしょうか?



CIMG1032_convert_20150213143123.jpg
<朝の光はブルーライト。メラトニン受容体に作用して16時間後に眠くなるように体内時計がリセットされます>


CIMG1042_convert_20150213143224.jpg
<夕方は赤い光。副交感神経優位にリラックスさせる光です>





森林・環境建築研究所

  1. 2015/02/13(金) 14:27:06|
  2. ムーンハウジング/月的寓居
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<月舞台秋の芸術イベントのお知らせ  | ホーム | 伝統構法は何故素晴らしいと言えるのか?④>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toochiai.blog51.fc2.com/tb.php/280-0976129a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。