FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フォレスト・ヒーリング・キノコセラピー

 フォレスト・ヒーリング・キノコセラピー

 拙宅「月舞台」のある野猿峠には都立長沼公園という素晴らしい森林公園がある。四季に応じてこの雑木の森は著しくその姿を変える。最近、健康向上を目的とした森歩き、すなわち森林セラピーに興味を持ち始めた。実はこれにはかなりテクニックがいる。森林の医学効果を発揮させるためにはそれなりの歩き方のノーハウがあるのは当然のことだろう。ハイキングのような歩き方だと、ただ足元に注意しながら目的地を目指すような歩きになる。それではダメなのである。まずはゆっくりとファジーに揺らいでいる森の生命を体に取り込むような気持ちで。五感を働かせながらゆっくりゆっくりなのである。森林の生命エネルギーを体に取り込み共振させるイメージである。まあこのテクニックは色々あるのでここで全ては書かない。私も最近あちこちで森林セラピーを体験して少しずつやり方が分かってきた初心者にすぎない。

 森には大きな世界と小さな世界が共存している。小さな世界に心を向けると普段休んでいた体の感覚が働きだす。五感六感いやそれ以上かもしれない。普段休んでいた感覚が開いてゆく。そうすると森の生命の循環そのものだって感じ取ることが出来る。たとえば地面を見つめているとそこに無数の生物が蠢いている事に気が付くし、土壌は命の残骸であり命の源である事に気付く。落ち葉にひとつをとってもそこに命の歴史の物語を感じることが出来る。落ち葉と樹木のフラクタルな構造関係の必然性を受け入れる気持ちになれる。

今の時期、秋一番のお勧めセラピーはきのこ観察でる。思わぬところに美しく可憐なきのこを発見する。もちろん食べるためのキノコ狩りとは違う。ただ発見して驚くのみ。この間にも感覚は鋭敏になる。これらのきのことの出会いにワクワクしながら歩くとあっという間に時間がたつ。


DSC_0265_convert_20121012113230.jpg
<トマトきのこ>


DSC_0273_convert_20121012113345.jpg
<洋菓子きのこ>


DSC_0276_convert_20121012113511.jpg
<アケビきのこ>


DSC_0262_convert_20121012113056.jpg
<唐傘きのこ>


DSC_0275_convert_20121012113420.jpg
<巨大きのこ~?>


DSC_0268_convert_20121012113309.jpg
<こんなきのこもある>


 今まで、公園の尾根を越えるのは一苦労あり息があがった。しかしこのようなセラピー歩きがうまくいけばあっという間に時間がたち目的地をクリアしてしまうのだった。






「木の凄い家」本舗
  1. 2012/10/12(金) 11:28:50|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<家の中心柱の組みあがり<月的寓居Ⅳ建築レポートその3> | ホーム | ジェフリー・バワ建築の片鱗>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/10/14(日) 09:15:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toochiai.blog51.fc2.com/tb.php/237-736d012e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。