FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「石膏ボード」というパンドラの箱

 「石膏ボード」というパンドラの箱

 石膏ボードは安価で建築にはなくてはならない便利な建材である。今の家の内装は、壁も天井もほとんどが石膏ボードが張り巡らされると思って間違いありません。
 石膏というと聞こえはいいのですが、これらの石膏は天然石膏ではありません。大気汚染防止のために工場の煙突につけられる硫黄酸化物を取り除く脱硫の過程で出る大量の副生物をかためて再利用したものです。産業廃棄物の再利用だから安価で当然ですね。本来捨てるはずの産業廃棄物の受け皿に建築がなっているという見事?な循環構造なのです。CASBEEE(建築物総合環境性能評価)のリサイクルスコアも石膏ボード使用は評価されます。

 しかし、この副生石膏は家でおとなしく壁の下地になっている間はいいのですが、家が壊され廃棄される過程で有害な硫黄が遊離してくる。その為に分別処理で管理しなくてはならないことになっています。しかし建築廃材の分別は複合材の場合大変難しいのが現状です。廃棄時の環境汚染の問題は、これほど膨大に使用されている石膏ボードでは今後大きな問題となるでしょう。

 工業建材で出来た家は廃棄時の問題には全く答えられないのが現状です。「壊してほっとけば土に返る」そんな家を現代に求めるのは不可能に近いことです。しかし、大資本にコントロールされたおかしな常識は事は少しずつでも見直していかねばなりません。





木の凄い家」本舗
  1. 2011/08/31(水) 10:42:44|
  2. 環境効率/資産価値
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<海の見える棟上げ<月的寓居Ⅲ建築レポート6> | ホーム | 地階コンクリート打ち終了<月的寓居Ⅲ建築レポート5>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toochiai.blog51.fc2.com/tb.php/202-5a370db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。