FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Memo to Mr. Laki Senanayake⑴

Laki Senanayake 特集への準備(1)

*自然現象のリズムと生命現象のリズムは等しい。どちらも周期がサーカディアンリズムでゆらぎ特性が1/f「P∝fⁿ(n=‐1)」である。つまり生命遺伝子はサーカディアンリズムと1/fのゆらぎを志向する。

Rhythm of natural phenomenon is equal to rhythm of life phenomenon. Both have a circadian rhythm with a fluctuation characteristic of 1 / f [Pα f ⁿ (n = -1)]. In other words, life genes on the earth are all oriented toward circadian rhythm and 1 / f fluctuation..

*この状態を地球上でもっとも具現している環境が熱帯雨林である。この環境に人の遺伝子は適合するようにプログラムされている。すなわち人の遺伝子は熱帯雨林環境に適合するように進化している。だから、一般には「自然」あるいは「生命」の具体像を描写するのは難しいように思えるが、それを熱帯雨林そのものととらえれば描写がし易くなるはずだ。すなわち「自然」とは「熱帯雨林」のことである。生命とは熱帯雨林が具現しているシステムのことである。このように言い換えることができる。

Tropical rainforest is the environment that most realizes this state on the earth. Human genes are programmed to fit in this environment. That is, human genes are evolving to fit the tropical rainforest environment. Normaly it seems to be difficult to describe what the concrete image of "natural" or "life" in general is. But if you can say nature is tropical rainforest itself or to say life is toropical rainforest itself, it should be easy to describe what nature is. So we can say that "nature" or “life” is "tropical rain forest"itself. Life is the system in which the rainforest is embodied. We can paraphraised this way.


㈱森林・環境建築研究所
スポンサーサイト
  1. 2017/08/03(木) 14:27:42|
  2. 掲載雑誌・記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。