FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

Memo to Mr.Laki Senanayake(2)

Laki Senanayake 特集への準備(2)

*人の進化した頭脳は合理的に工夫を重ねる性質があるから、都市を作り身の回りを人工化する。その際、自然性(サーカディアンリズムと1/f)は排除されてしまう。(こうなった原因は石油資源を発見したことにあるのだが、それは後述)これは遺伝子のプログラムされた方向と違っている。現代人が老若男女、肉体的にも精神的にも多くの不調を訴える理由はここにある。

Our evolved brains have the property of reasonably devising ideas, So we create a city and artificially develop ourselves around us. At that time, the naturality (circadian rhythm and 1 / f) is eliminated. . This is different from the programmed direction of genes. Here is the reason why modern people appeal many disorders physically and mentally.


*自然から切り取った内部環境が建築である。だから、その内部は当然人工化は避けられない。そこで、人は不快な人工物を消すためにアートを生み出した。すぐれた芸術は共通に1/fのゆらぎを持っている。モーツァルトの音楽も武満徹の音楽にも1/fのゆらぎが多く観察されることが分かっている。1/fゆらぎを持つ物が空間を占めれば、その場を自然化(1/f化)することができる。本来、人工物を自然に近づけ共生させるには2つの方法がある。一つは自然そのものを切り取って生け花のように付加するか、あるいは優れたアートをその場に持ってくることである。

The interior environment cut from nature is architecture. Therefore, it is inevitable to artificulate the interior. Therefore, a person created art to erase unpleasant artifacts. Excellent art has common 1 / f fluctuation. I know that there are many 1 / f fluctuations in Mozart's music and Toru Takemitsu's music too. If an object with 1 / f fluctuation occupies space, it can naturalize (1 / f) the place. Originally, there are two ways to bring artificial objects closer to nature and coexist. One is to cut out nature itself and add it like a flower arrangement, or bring out excellent art to the place.


*建築内部を自然化するには、優れたアートや卓越した技能で1/fのゆらぎを作り出せばよい。では自然の植物とアートの違いは何だろうか?それはfの値の大きさで説明できる。fの値が大きいということはエネルギーが大きいということだ。偉大な芸術家の生み出す作品は1/fのゆらぎがあり、かつそのエネルギーが大きいのである。

To naturalize the inside of the building, you can create 1 / f fluctuation with excellent art and outstanding skills. So what is the difference between natural plants and art? It can be explained by the magnitude of the value of f. The fact that the value of f is large means that the energy is large. The work produced by a great artist has 1 / f fluctuation and its energy is great.


*本来人は自然に共生するようにプログラムされているのだから、テクノロジーもその自然と人をうまく共生させる方向に応用されなければならない。自然のエネルギーは強大だから、人も大きな力を使わなければ共生関係をを続けることができない。このために使われるエネルギーが本来人類が行うべき労働なのである。今の労働はサーカディアンリズムを外れて無秩序に拡大する石油資源に基づいている。この方向で人工化が進めば遺伝子プログラムから外れて自己解体していくだろう。

Originally people are programmed to live in harmony with nature, so our modern technology must also be applied in a direction to make symbiosis of nature . Nature's energy is so powerful that people can not continue symbiotic relationship unless we use great power. The energy that is used for this is the work that human beings should originally do. The present labor is based on petroleum resources expanding disorderly out of circadian rhythm. If artificiality advances continue in this direction, it will self-disassociate from gene programs.



㈱森林・環境建築研究所

スポンサーサイト



  1. 2017/07/03(月) 14:26:13|
  2. アースハウジング/地球体温
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる