FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

1/fのゆらぎとフラクタル構造の関係②

 1/fのゆらぎとフラクタル構造の関係②

 ゆらぎの視覚的な構造パターンをフラクタルといいます。フラクタルな構造パターンは自然の造形に現れます。木の形、貝殻の形、鳥巣の形そして人の血管の構造や内臓壁などに現れている形の法則です。簡単に言うと部分と全体が相似形である構造です。
 1/fのゆらぎの波形がフラクタルのパターンであるのが驚きです。このことがゆらぎのリズムは視覚的パターンに変換できる根拠となっています。

 ゆらぎのリズムを持った模様とはどんなものでしょう?例えば木の年輪模様はフラクタルともいえるし1/fで揺らいでいるとも言えます。この意味は、年輪間隔を正確に測ってグラフにしてみるとそのグラフ波形がフラクタル波形になっているということです。
 そうしてみると人の手による仕事は、例えば鉋で削られた木の表面とか左官職人が平滑に仕上げた壁の表面とかはミクロにみると一様な平滑さではなく揺らいでいます。
 自然素材を使って職人が手と道具だけで仕事をしていた伝統的な住宅建築と現代住宅の圧倒的な違いはゆらぎがあるかないかの違いなのです。そしてこの違いは本質的なとても大きな違いになります。

この大きな違いとはいったい何でしょうか?




森林・環境建築研究所
スポンサーサイト



  1. 2014/11/14(金) 09:29:55|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる