FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/fのゆらぎと生体リズム①

1/fのゆらぎと生体リズム①

1/fのゆらぎとは何でしょうか?そもそも自然のふるまいを記述するのが物理学であり、その記述の言葉として数学があります。微積分学も自然現象を説明するために生み出された学問です。だとすればこの自然界で普遍的に存在するゆらぎという現象も数学的に記述できるはずです。例えばろうそくのゆらぎを数学的に記述するのが1/fゆらぎの法則なのです。(数学的説明は後述)

生物の持つ様々な生体リズムにはすべて1/fのゆらぎがあります。逆を言えばゆらぎがないと生命維持はできないとも言えます。
もしも我々の人体リズムが揺るがない正確なリズムだとしたら?リズムが電車のレールのように正確に決まっているとしたら、脱線したら終わりという極めて脆弱なシステムになります。人間ほど高機能で精密複雑な機能を動かすのにアジリティーあるいは柔軟さとしての適切なゆらぎは不可欠なのです。すべての生物の持つ生体リズムは揺らいでいるのはこのためです。マシンと生物との決定的な違いはここにあります。


1/fゆらぎは自然界の現象やすべての生命体が持つ時計遺伝子のリズムに共通する特性です。ですから我々自然の一部としての人間は、このリズム特性をもつ波動に共鳴して心地よさを感じます。この気持ちいいという感覚は生体に何かしらのプラスの影響があったことを意味しています。



森林・環境建築研究所
スポンサーサイト
  1. 2014/10/30(木) 09:19:44|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。