FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

街弁Ⅱ竣工

 街弁Ⅱ完成

 南雄三さんとのコラボレーションで進めていた街弁Ⅱがようやく竣工しました。平成18年竣工の街のお弁当屋さん「街弁」の隣に並んで建つわずか18坪の狭小パッシブ住宅です。オリジナルの街弁は南さんと私たちの最初のコラボ作品でした。こちらは黒い板張りの家でしたが、今回は白亜の壁に真紅の外付けブラインドの大開口部の家です。まったく統一感がなさそうでいて並んでみると結構連続性が生まれます。設計も職人も同じチームでやると不思議な統一感が出るものですね。

外観1_convert_20140310160519
<右が8年前に竣工した「まちべん」。ここのお弁当は本当においしい!>



外観4_convert_20140310161721
<ドイツ製の外付けブラインドを使っています。夏の日射遮蔽の為の外付けブラインドはドイツやスイスなどの省エネ先進国では当たり前のものになりつつあります。日本ではまだ珍しいですね。手前に植栽が入ります。>


 今回はパッシブ換気と通風シュミレーション、そして床下エアコンによる空気媒体の床暖房といろいろ試しています。南さんは新しいものをすぐ試すので毎回新鮮情報が入ってきます。お施主さんも一緒に勉強します。特にパッシブ換気は季節によって効果が変化しますので、それを補うのに動力換気の切り替えが生じます。原理をしっかり理解しないと十分な性能効果を発揮しません。又こちらの予想と違う結果を生み出す事も十分考えられます。省エネエアコン入れっぱなしの高断熱住宅はそれはそれで楽ですが、開け閉めを調整しながら通風を図ったり換気量を調整するわずらわしさも季節感覚を鍛えるのにはいい訓練になるのかもしれません。


階段、キッチン6_convert_20140310162630
<ブラインドは電動で開閉調整自在です。>



吹抜7_convert_20140310161024
<パッシブ換気を行う為には高さが必要です。上方一面開放熱対流方換気を試しています。>



居間1_convert_20140310162322
<床下エアコンとソーラーウォーマーによる床面暖房で掘りごたつ式ダイニングテーブルの下が果たして暖まるか?>



南さん主催の見学会が近いうちに行われます。こちらでも告知しますが人数に制限がありますのでご期待に添えなかったらごめんなさい。





「木の凄い家」本舗
スポンサーサイト
  1. 2014/03/10(月) 17:00:30|
  2. プロジェクト報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。