FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家の中心柱の組みあがり<月的寓居Ⅳ建築レポートその3>

 家の中心柱の組みあがり<月的寓居Ⅳ建築レポートその3>

 月的寓居Ⅳのレポートをさぼっているうちに、工事のほうはどんどん進み、上棟式も無事に終わり屋根もかかって一段落です。複雑な中心柱の架構もうまく納まり、枝を広げて樹冠のアナロジーとしての屋根を支えていきます。樹冠からこぼれてくる光の表現もうまくいきそうです。2階の床剛性を与えるクロスブレースの大梁も迫力がありますね。



DSCF4817_convert_20121102102457.jpg



DSCF4778_convert_20121102102355.jpg





「木の凄い家」
スポンサーサイト
  1. 2012/11/02(金) 10:31:32|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月的寓居Ⅳ構造見学会11月24日

月的寓居Ⅳ構造見学会

11月24日(土曜日)
千葉県松戸市 M氏邸
 -----------------------------------------------------------------------------
 ○会   場―千葉県松戸市東松戸2丁目
 ○時   間―午前10時~午後3時
 ○集合場所―JR武蔵野線・北総線・京成アクセス線
                     「東松戸駅」出口ロータリー
   ※上記集合場所にて社員が看板を持って待機しております。
 -----------------------------------------------------------------------------


121109_02.jpg

昨年の初秋、お子さんと一緒に天竜の山へ入ったMさんは、この家の心柱となる
樹齢100年の桧を伐採しました。1年ちょっとの自然乾燥を経て松戸の地に
組み上げられた架構は初々しい色艶を放ち、これから完成までの工程、
そして家族と共に歩む未来を力強く優しく育んでくれるはずです。
そんな住まいを一つの森とイメージしました。土地にしっかりと根ざし、
空に向かって大きく伸びて行くような大らかさをMさん一家に重ね合わせています。
少し複雑な仕口、架構を採り入れ、強度の向上を図っている点も特徴です。

◆天竜産天然乾燥木材を採用
◆蓄熱土間採用

    +++++++++++++++++++++
     敷地面積 :50.00坪
     1階床面積: 21.53坪
     2階床面積:19.00坪
     小屋裏面積:3.75坪
     延床面積 :44.20坪
  1. 2012/11/13(火) 09:00:39|
  2. プロジェクト報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。