FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こけら葺きの制作

こけら葺きの材料つくり

昨日はKIPプロジェクトのカウンター材を探しに飯能の小峰木材に辿り着きました。一人の職人さんが一生懸命手で杉皮をむいています。いまどきは機械でやってしまう作業なのに不思議聞いてみると皮のほうを使うんだということでした。杉皮の屋根材は都会の防火地域では使えませんが、お寺の施設や門などにまだ需要があるらしく、結構高値で取引されているらしいです。何よりも木の全てを使う姿勢が嬉しいですね。



DSCF3170_convert_20120807091045.jpg
<きれいに皮をむくのは結構重労働です>




DSCF3169_convert_20120807091224.jpg
<むかれた皮はきれいに積まれて乾燥されます>



「木の凄い家」本舗
スポンサーサイト
  1. 2012/08/06(月) 14:07:43|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉川学園・ご無沙汰お宅訪問

 玉川学園・ご無沙汰お宅訪問

 その昔、我が事務所で手がけたお宅から耐震の改修の依頼がありました。築35年になります。当時の杉坂らしい真壁漆喰の家で大切にお使いの様子がよくわかります。当時の建築基準と今の基準ではだいぶ違いますから耐震改修は不可欠の状態でした。打ちあわせの後、せっかく玉川学園まで来たのだから、このあたりに昔つくった家を廻ってみることにしました。リストを出してみると相当数がある事が分かりました。とりあえず同じ町内の家を廻ってみました。どの家も30年以上たっていますが緑に溢れた趣のある風情。懐かしく出迎えてくれたお施主さんにも感謝です。



DSCF3179_convert_20120811091454.jpg
<玉川学園の家1:代が変わって息子さんがお住まいでした>


DSCF3181_convert_20120811091602.jpg
<玉川学園の家2:お留守でした>



DSCF3182_convert_20120811091711.jpg
<玉川学園の家3:ご夫婦で庭仕事の最中でした。懐かしい昔話を拝聴>





「木の凄い家」本舗
  1. 2012/08/11(土) 10:00:43|
  2. 出来事雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

余りものが主役級に<月的寓居Ⅳ建築レポートその2>

 余りものが主役級に<月的寓居Ⅳ建築レポートその2>

 月的寓居Ⅳが着工しています。昨日また天竜の水窪で打ち合わせをしました。中央に立つ芯柱の根元が一間ほどの長さあまったので6センチ程にスライスしておいてもらいました。素晴らしい尺幅の桧の厚板が6枚も取れました。これで居間に素晴らしい桧のTVオーディオラックができるかな?


DSCF4270_convert_20120831145246.jpg
<柱と厚板、主役はどっち?>



「木の凄い家」本舗
  1. 2012/08/31(金) 14:53:19|
  2. アフォーダブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。