FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

家族みんなで伐採した中心柱を持つ家<月的寓居Ⅳ建築レポートその1>

 家族みんなで伐採した中心柱を持つ家<月的寓居Ⅳ建築レポートその1>

 月的寓居4の準備が着々と進んでいます。写真は去年の冬に新月伐採した天竜桧。施主御家族5人総出で天竜の山に入り伐採したものです。森林の持つ力、木の生命の尊さは、この時皆が共有しました。今回は家の中心にその木を移し取ってきて、伐採後の第2の生命期を共に支えあっていこうというもの。家の中心に高さ9メートルほどの木立の柱が聳え立ちます。その木立の下で、その生命エネルギーを分けてもらいながらの生活なんて、なんという贅沢でしょう。

 今回は乾燥期間が短い事と、全体の構造計画の観点から3つに分割して使うことにしました。今までにない新しい表現に挑戦します。
 今日は朝五時に起き、天竜の水窪へ。大工さんと製材の木取りと仕掛けの打ち合わせをしました。心配な点も無事クリアできそうで一安心。田中棟梁、TSドライの森下さん、あとはよろしく!


画像+137_convert_20120707082338
<三つに分割され、まな板の上の鯉状態?>



「木の凄い家」本舗
スポンサーサイト



  1. 2012/07/06(金) 23:32:01|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋根の表と裏

 屋根の表と裏(KIPプロジェクト)

 南雄三さんとやっている飯能でのパッシブリフォームは、想定外の仕事が増えてなかなか現場が進みません。今回は外皮を残したまま、内側から気密断熱そして外側通気を取るという大変難しいことにチャレンジしています。外皮と骨組みになってしまった室内と、先に仕上がった太陽電池一体型の素晴らしく美しい納まりの対比が面白いですね。


DSCF3036_convert_20120801133622.jpg
<電池パネルと屋根板金一体のフラッシュな納まり>




DSCF3042_convert_20120801133519.jpg
<その裏はまだこんな感じ~~>



「木の凄い家」本舗
  1. 2012/07/31(火) 14:19:41|
  2. アースハウジング/地球体温
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる