FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

外壁左官現場会議<月的寓居Ⅲ建築レポート13>

 外壁左官現場会議

 今日から天気が回復したのでいよいよ地階RC外断熱部分の外壁左官工事にはいります。色やテキスチャーは決定済みだったのですが、玄関ドア廻りを少し芸術的な表現にしようということでに亮陰氏に参加してもらうことになりました。その一部分の表現のに為に全体の塗り方を変更することに。私としては、これは面白くなってきたぞという感じ。
 亮陰氏のイメージを元に彼本人と、施主、左官、設計、施工みんなが集まって表現の確認をしました。職人さんは自分のやり方があるし、亮陰氏は自分のアイデアがある。建築には色々な技術的な都合がある。新しいことをやるのは大変です。でもがんばったところしか残らないのも建築の面白さです。


DSCF0134_convert_20120312175224.jpg
<左官屋さんに作ってもらったサンプルを前に喧々諤々>






木の凄い家」本舗
スポンサーサイト



  1. 2012/03/12(月) 17:50:31|
  2. 出来事雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足場が取れました<月的寓居Ⅲ建築レポート14>

 足場が取れました

 木暮人職人倶楽部で月的寓居Ⅲの見学会。丁度足場が取れて建物の全貌が見えました。あとは地上のRC部分の仕上げと外構。内部はまだ左官工事の真っ最中といったところ。天竜の杉の赤味の板が神々しく美しい。海辺の苛酷な環境と勝負です。



L1020634_convert_20120322135756.jpg
<写真左下のバスコートと2階のオープンデッキも付きました>




  1. 2012/03/22(木) 14:16:56|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森林環境の定義は?

 森林環境ってなんだろう?

 先週末、森林医学専門医の認定コースに参加するために美杉のセラピーロードに行きました。そもそも専門医の資格は医者でないと取れないのですが、森林実習や学会参加はお金を出せば誰でも出来ます。
 森林の持つ力がどのように人体に影響を与えるか?森林セラピー前後で、簡易に人体ストレス度を測る唾液アミラーゼの変化を比較すると、確かにセラピー前後で大きく数値が下がっていました。しかし、この変化が何故起こったかと言われると、それに答えるのは難しい。体がリラックスしたことは間違いないけど、一体森林の何が体に作用したのか?そもそも森林環境を構成する要素は何なのか?分からないことだらけです。

 森林環境がいいものとすれば、その環境をどうにか住居内環境に写し取りたい。これが私の最近の大きなテーマなのです。そのようなことを考えながら森に入ると実に複雑多様な環境要素が森には充満していることが分かります。太陽の熱、散乱する光、吸収される音、土(地球)の温度、精油成分や、揺らぐ温湿度環境。それらは互いに私たちの五感六感いや十感位とつながってネットワークを結び、私たちと一体の生命空間を作り出しているようにも思えます。森は太陽と地球が生み出した最高の生命総体であり、我々生物はそれに準ずる存在であることを実感できます。

 こうなると森林環境を建築環境に写し取るのはとても難しいことの様に思えます。単に室内に樹木を置いたり、空気に精油成分を導入したり建物を緑化したり、木や土で空間を作ったりというという手法だけでは絶対実現できないものなのです。




L1020677_convert_20120329120130.jpg
<見るアングルで森も様々に表現できますね>




木の凄い家」本舗
  1. 2012/03/29(木) 12:00:43|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる