FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

屋根仕上、驚きの10工程<月的寓居Ⅲ建築レポート7>

 屋根仕上、驚きの10工程<月的寓居Ⅲ建築レポート7>

 またまたしばらく報告をサボっているうちにも順調に屋根が仕上がって行きます。これから充填されるセルロースファイバーや内装仕上げ、そして太陽光発電機を除いても10以上の工程があります。この建物の場合、屋根に期待している性能はそれほど高度なもです。ふつうの3倍は手間がかかっているでしょう。屋根の構成材は全て無垢板ですし木質繊維の外張りボードは雨を当ててはマズイですから大急ぎで仕上げてしまいます。



IMGP1856_convert_20111011130519.jpg
<まずは35ミリの厚い野地板。これだけでかなりの断熱性があります。室内には現れない構造面材ですから少しもったいない気がしました。透湿抵抗の大きな合板は環境条件によっては屋根面で結露の危険があります。>



IMGP1857_convert_20111011130614.jpg
<この厚板を屋根全面に打ち付けて風圧の抵抗を確保します。>



IMGP1875_convert_20111011130705.jpg
<その上に60ミリの木質繊維断熱材を外張りしてゆきます。>



IMGP1879_convert_20111011130740.jpg
<断熱材の間に置き母屋を入れて通気垂木の下地を確保します。>



IMGP1882_convert_20111011130812.jpg
<木質繊維断熱材の上に透湿防水シートをしっかりと施工して通気垂木を流してしっかりとめます。このシートは水蒸気を通しますが水は通しません。したがって結露や腐れの心配なく呼吸することが出来ます。>



IMGP1901_convert_20111011143335.jpg
<通気の道を確保して15ミリの野地板を打ちます。これは屋根の頂部です。>



IMGP1907_convert_20111011143413.jpg
<この上にルーフィング(防水紙)を敷き込みます。通気層の上なので、もはや透湿性能を持たせる必要はありません。>



IMGP1916_convert_20111011143446.jpg
<トップライトの周りの防水施工は入念に。>



IMGP1954_convert_20111011143520.jpg
<最終仕上の屋根材が乗ります。塩害の少ない仕上げを選択しました。>



IMGP1964_convert_20111011143603.jpg
<棟は空気の吐き出し口ですからここの施工も注意が必要です。>



IMGP1967_convert_20111011143716.jpg
<風圧の強い場所でもあり水の浸入を抑えながらも空気を吐き出す機構です。>



IMGP2013_convert_20111011143753.jpg
<板金ををかぶせてようやく完成。お疲れ様。>






木の凄い家」本舗
スポンサーサイト
  1. 2011/10/11(火) 15:11:43|
  2. 調湿/断熱・日本基準
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

住宅建築12月号

 住宅建築12月号 木造住宅の<意匠、性能、技法>

 住宅建築12月号に「月舞台」が掲載されています。他にも素晴らしい木造建築を作る技術集団が特集されていますのでぜひご覧ください。
  1. 2011/10/18(火) 17:43:06|
  2. 掲載雑誌・記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『住宅建築』2011年12月号発刊記念シンポジウム


--------------------------------------------------------------------------------



日時:2011年11月3日(祝日・木曜)14:30─17:30(受付14:00─)
場所:東京日建工科専門学校
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-55-10
※池袋西口より徒歩10分
参加費:4,000円(雑誌代込み/定期購読の方は参加費1,000円)
定員:80名(申込先着順)
主催:主催:(株)建築資料研究社、(有)建築思潮研究所・平良敬一
三澤文子さんをコーディネーターに迎えて、設計施工で家づくりをおこなう4名の方々に講演頂きます。
・上野英二さん(オークヴィレッジ木造建築研究所)、
・落合俊也さん(杉坂建築事務所)、
・六車誠二さん(六車 誠二建築設計事務所)、
・深田真さん(深田真工房)
設計施工を通じて積み上げられた工法やディテール、家づくりの姿勢などについてお話頂きます。
質の高い意匠と性能を兼ね備えた木造住宅の在り方に迫りたいと思います。
[内容]
パネラー:
上野英二(オークヴィレッジ木造建築研究所)
落合俊也(杉坂建築事務所)
六車誠二(六車誠二建築設計事務所)
深田真(深田真工房)
コーディネーター:三澤文子(Ms建築設計事務所)
お申込方法:
まで【氏名/職業/所属/電話/メールアドレス】をお知らせ下さい。
※時間など変更の場合がございます。
詳しいご案内はお申し込みを頂いたあとに改めて詳細をお知らせ致します。
講演時間は3時間程度です。
お問合せ先:(有)建築思潮研究所『住宅建築』編集部
〒130-0026東京都墨田区両国4-32-16両国プラザ 1004号室
 TEL:03-3632-3236 FAX:03-3635-0045

  1. 2011/10/21(金) 16:46:09|
  2. 月舞台スケジュール/報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。