FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月の学校・定例勉強会

 「月の会・東京」 定例勉強会


 月の会の定例会で「月と建築」の話をします。参加希望者は下記に御連絡を。
4月17日(日)月暦弥生十五夜 17時~ 月の会・東京オフィス ℡03-5246-5588

月の会・スケジュール
スポンサーサイト
  1. 2011/04/07(木) 09:02:52|
  2. 月舞台スケジュール/報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北地方の木材被爆

 木は被爆を乗り越えられるか?

 東北地方の木材の被爆が心配されています。農産物への注意が喚起されるなら、木に対しても注意の目を向けなければなりません。私たちのグループ(木暮人倶楽部)でも対応を協議し始めました。

 もともと放射線は自然界に存在するものです。たとえば木がそれを吸収したり弱めたり、消化したりという放射能に対応する潜在力をも持ち合わせているという可能性はないだろうか?ただ被爆した材料であるかないかという扱いはせっかくの木の潜在的可能性を無視する様でかわいそうな気がします。

 もともと私は木の力を物性値だけで解析することで評価することには反対でした。しかし、放射線に対応する何らかの能力があるとすれば、それにはスポットを当てる価値があると思います。




木の凄い家」本舗
  1. 2011/04/20(水) 11:23:09|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木暮人倶楽部設立総会

 木暮人倶楽部設立総会

 東日本大震災のため延期されていた木暮人倶楽部設立総会が行われます。


木とともに暮らす人の協議会「木暮人倶楽部」
設立総会及び設立記念研究・活動報告会atエコプラザ
アジェンダ案概要

<第Ⅰ部>
■木とともに暮らす人の協議会「木暮人倶楽部」設立総会
1.日時:平成23年5月20日( 金 )12時開場、12時30分 ~ 13時30分
2.場所:東京都港区立エコプラザ
〒105-0013 東京都港区浜松町1-13-1
TEL.03-5404-7764 FAX.03-5404-7765
(アクセス)JR浜松町駅北口下車4分、都営地下鉄大門駅B1出口下車3分
http://eco-plaza.net/map/
3.設立総会目的事項
<報告事項>
①.木暮人倶楽部設立の経緯及び概要説明
<決議事項>
第1号議案 定款承認の件
第2号議案 2011年度事業計画承認の件
第3号議案 事務局の組織及び運営の件
第4号議案 総会議事録署名人2名の選任の件
4.参加者;協議会正会員及び研究者会員約90名
ただし、賛助会員、学生会員及び一般市民はオブザーバーとして参加できる。

■特別会議
1.日時:平成23年5月20日( 金 )13時30分 ~ 14時30分
2.場所:東京都港区立エコプラザ
3.検討事項
第1号議案 専門分野分科会と地域分科会の運営詳細について
第2号議案 東日本大震災支援の具体策について(被災地仙台市在住の星理事より
問いかけ)
4.参加資格;協議会会員全員
ただし、一般市民はオブザーバーとして参加できる。

■木とともに暮らす人の協議会「木暮人倶楽部」理事会
1.日時:平成23年5月20日( 金 )14時30分 ~ 15時
2.場所:東京都港区立エコプラザ
3.理事会目的事項
<決議事項>
第1号議案 理事長選出の件
第2号議案 専門分野分科会と地域分科会の設置及び運営の件
第3号議案 東日本大震災復興支援策の件
第4号議案 理事会議事録署名人2名の選任の件
4.参加資格;理事
ただし、理事以外の協議会会員及び一般市民はオブザーバーとして参加できる。

<第Ⅱ部>
■「木暮人倶楽部」設立記念研究・活動報告会atエコプラザ
1.主催;木とともに暮らす人の協議会「木暮人倶楽部」
2.日時:平成23年5月20日( 金 )15時開場、15時30分 ~ 17時
3.場所:東京都港区立エコプラザ
4.報告内容;
●H22年度月齢伐採及び地域の木材特性への影響確認試験中間報告
 高部圭司(京都大学教授)
 H22年9月~11月にかけて三重県にて行った試験及び10月~11月にかけて全国10県(秋田、宮城、神奈川、山梨、静岡、長野、石川、三重、愛媛、福岡)、11か所で行った月齢伐採および地域の木材地域特性への影響確認試験調査の中間発表。今年の7月には最終結果報告予定。
●国産材の木材トレーサビリティシステム導入の活動報告
 田中万里子(農学博士)
 森林保護や資源の有効活用、地産地消など様々な用途に利用可能で、現在林野庁や様々な関係団体が導入を模索している木材トレーサビリティシステムの導入動向の活動調査報告。
●NPO法人矢部川流域プロジェクト活動報告
 石永節生(NPO法人矢部川流域プロジェクト理事長)
 九州有明海に注ぐ矢部川流域の天然建築素材(八女杉、大木町有機本畳、有明海の貝殻漆喰、立花町の竹炭、城島産いぶし銀瓦等)を使った地域産伝統素材による健康的で心地よい家を提供しているプロジェクト。その活動を通じて、地域活性と後継者伝承の可能性を探っている。
●木こりツアー等森と触れ合う活動報告
 藤崎昇(三重県中勢森林組合)、三浦妃己郎(三浦林商代表)
 一般市民が木と触れ合う活動は、森林保護や有効利用にとって非常に重要な活動。実際に木を伐ってみることや山に入り森林の中で自然に親しむことで森林・林業産業にも大きな可能性が訪れる。それらの活動の取り組みを三重県の事業者から報告。
●ソーシャルメディアによる地方と消費者のマッチング~秋田トラ男の米販売
 武田昌大(デジタルハリウッド大学院修了生、ソーシャルファ-マー”トラ男”代表)
 秋田県の米農家と都会の消費地に住む一般市民とをTwitter等のソーシャルメディアで繋ぎ、産地や都会のニーズを互いに伝え合い情報を交換することで、顔の見える農業をEコマースの導入で実現。デジタルを使ったコミュニケーションによる産地消費地直結ビジネス報告。デジタルハリウッド大学吉田就彦研究室森林・林業研究部会からの報告。
5.参加資格;不問。事前に申し込んだ方は、木暮人倶楽部会員でなくてもどなたでも参加いただけます。
一般市民参加方法;木暮人倶楽部ホームページのお問合せフォームに、氏名、電話番号、E-mailを記載の上、お問い合わせ内容欄に、イベント参加希望と記載願います
6.参加費;無料

※当日はUstreamによるイベントLIVE中継及び木暮人倶楽部ホームページ上でのアーカイブ化を行う予定です。
※木暮人倶楽部は一般の方に広く会の事を認知していただきたいと考えています
ので、一般参加を募っている第Ⅱ部はもちろんですが、第Ⅰ部の設立総会、特別
会議、理事会も公開としますので、どなたでも参加できます。ただし、その場合
は事前に木暮人倶楽部関係者にお申込いただくか、ホームページのお問合せフォ
-ムよりお申込み下さい。
※会終了後、会員の皆様の懇親を図るために懇親会を行います。ご都合のつく方はご参加ください。詳細は後日ご連絡します。

以上



木暮人倶楽部
  1. 2011/04/28(木) 17:10:40|
  2. 月舞台スケジュール/報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インド カルカッタ フェアローンホテル

 Fairlawn Hotel in Calcutta

 インドのカルカッタに来ています。1783年創建の建物を引き継いだ名門フェアローンホテルに泊まっています。我々の感覚のゴージャスホテルとはまったく違い、小じんまりファミリー感覚溢れる濃密感。歴史と時間のしみ込んだ空間。家具や調度品がある種の生命感を放出しています。イギリス文化の伝統を引き継いでいるから当然ですがブリティシューインディア感覚あふれる素晴らしいホテルです。


L1000874_convert_20110430020523.jpg
<ベッドルーム前のリビングダイニングルームのホール、歴史を感じる家具、調度品の数々>





  1. 2011/04/30(土) 02:23:38|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。