FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

SUMIKA プロジェクト

 SUMIKA プロジェクト

 東京ガスの招待で宇都宮のSUMIKAプロジェクトを見学してきました。世界の伊東豊雄さんをはじめとする4人の建築家の住まいの形の提案型モデルハウスの競作です。以下その感想。

 伊東さんのパビリオンは、さすがのウルトラ構造とその造形が見事です。近くの山桜の木の下に建つこのパイリオンは、木漏れ日の樹木の下の様な空間を住居に写し取るといったコンセプトです。構造幾何学の美しさや納まりの不思議さに心を奪われます。しかし、あくまでもその表現は記号的なもので、本来森の持つ生命エネルギーや清浄感が感じられない薄っぺらな物になってしまったのが残念。それは、ひとえに建築を構成する素材が原因です。集成材で組まれた骨組みとガラス、合板皮膜で覆われた空間は現代住宅の現状を暗示しています。建物に熱的性能がまったく付加されてないのもビックリで、熱環境がどれだけ空間に影響するかを却って気付かせてくれる建物になってしまいました。

いとう1
<伊東豊雄:パビリオン>


 藤森信照さんのコールハウスは住居の中に洞窟を写し取るというコンセプト。4点の中では一番家らしくて気持ちよかった(というか他の家はどれも快適感は0点であった)。洞窟の住居的本性は、大地の安定感と暖かさにあると私は思います。ただトンネル状に居間をくりぬいても、そこに地球大地の安定と暖かさがなければ洞窟の本性は発揮されません。その点で藤森さんの洞窟は少し物足りなかった。まだまだ建築に宿命な浮遊感が消えていない不安定な洞窟だなあと思いました。

ふじもり1
<藤森照信:コールハウス>


 西沢さんの「宇都宮のハウス」は住宅に天空を取り入れるというコンセプト。図面で見たときは一番面白そうだと思い、見るのが楽しみでした。実物はというと、、、、まず建物が美しくない。スチールの扉の羅列がなんとも不気味。開放した時と閉めた時のの対比を表現したかったのでしょうけど、開放しても開放した感じになりません。この重たい鉄の扉の連続は疑問です。ディテールも雑で気になりました。メンテナンスも居住性も悪そうです。屋根にこれだけの機能を持たせようとするなら空間をもっと快適に出来るはずです。

にしざわ1
<西沢大良:宇都宮のハウス>


 藤本さんのHOUSE BEFOR HOUSEは、住まいが形になる前の住まいを形にしようとする最も難しい課題へのチャレンジだと思いました。この無茶なチャレンジは評価に値すると思うけど、自然に共生する気持ちよさを得るためにはやはり設備だけでは無理。パッシブな設計と建物の熱性能を考えなければ建築は失敗するんだなーと改めて思いました。

ふじもと1
<藤本壮介:HOUSE BEFORE HOUSE>


 今回のプロジェクトはコンセプト・コンシャスの強い建築家を選んでいるせいか、今の時代には逆行するような反エコロジーで反健康的な尖った住居のプレゼンテーションになっていました(藤森作品を除いて)。視覚デザイン重視の建築ジャーナリズム志向では、ある意味時代遅れ感が漂ってしまう。最先端の建築家の作品に対して失礼極まりない暴言とは思いますが、少なくとも住居に関してはコンセプチャルな物からもう少し生命との共鳴をデザインする時代に移ってきていると思います。

 今回のプロジェクトで住まいの原点は樹木(森)と洞窟にあるというテーマが浮き彫りになっていました。私たちが10年以上前に作った都市型環境共生住宅のパンフレットに入れたコピーが「住居は森と洞窟のコラージュである」でした。洞窟の安定感と母なる大地のぬくもりを実現するには、建築の躯体の熱的性能を向上させる事がまず必要です。それに加えてアースハウジングの技法を開発し地球の存在を住居に組み入れました。その上に、森林/樹木を住居に写し取る為には、生命素材としてエネルギーと神秘を兼ね備えた本物の素材を入手する道を確保する必要があります。私たちと天竜の森との付き合いはその時に遡ります。このあたりの準備を着々と進めてきたことは間違っていなかったという勇気をもらった気はしました。

 今回の見学会でそれぞれの建築を説明してくれた地元の建築家の方の説明は分かりやすく大変よかった。ただ、ぞろぞろついてきていた東京ガス関係者のそれぞれの立場や意図が見えづらいものでした。ガス器具の情報を現場で提供してくれるわけでもなく、挙句の果てに中途半端な時間にフレンチの食事会が始まった時には唖然としました。情報の伝達や交流営業を目的にするならもう少しうまくやらないと。東京電力のプレゼンの方がその点戦略的で一枚も二枚も上手だと思いました。





「木の凄い家」本舗
スポンサーサイト



  1. 2011/02/02(水) 22:04:19|
  2. 出来事雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

 レオナルド・ダ・ヴィンチ展

 午前中にお誘いを受けて石原良純さんの新居を拝見しに出かけました。業者任せにせず、しっかりと自分たちの家つくりに取り組んだ様子が伝わってきました。どこもゆったり広々明るくて、石原夫妻とお子達にピッタリの素敵な家でした。家を見せてもらうのは楽しいですね。

 午後は以前から楽しみにしていたレオナルドダビンチ展に。
 写真も印刷も本もない、紙も筆さえ貴重だった時代、物の描写に卓越した技術を会得することは、人生の全ての分野に於ける思索に圧倒的に有利だったろう。「モナリザ」でも「最後の晩餐」でもずっと筆を入れ続け、結局は完成にまで至らなかったらしい。それほどの完璧なる探究心。描写の技術を突き詰めようとすれば対象をよく観察しようと思う。それが高じて動きの原理まで解明しようと思う。そのためには解剖して表面だけでなく内部まで探ろうと思う。人体の膨大な解剖スケッチはそれを物語る。動きの原理の解析の過程で、それを再現する工学的なアイデアが浮かぶ。

 彼の多方面にわたる仕事の動機付けの構成がよく分かる気がしました。


IMG_4262_convert_20110209224755.jpg
<日比谷公園の仮設展示場>



「木の凄い家」本舗
  1. 2011/02/06(日) 21:58:34|
  2. 出来事雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国際森林年メッセージ「ライブ・ドリアード 2011」

 国際森林年メッセージ「ライブ・ドリアード 2011」

 日時:2011.02.14(月)

 開演:18:00 / 終演:20:00
 会場:新木場 / 木材会館・7F 檜のホール


 ドリアード(DRYAD)とは森に棲む木の妖精です。このライブは通算18回行われた「木とともに暮らす」をサブテーマにした、ライフ提案型のシンポジウム・イベントです。国際森林年を契機に「木の国・再び」を再考し、ジャンルや年齢を超え「森の国ニッポン」のイメージ訴求を図り、国産木材使用の具体的な行動に結びつけるために、年間を通じてコンテンツ開発を行い、国際的にもメッセージを発信していこうとするものです。下記は2011年の第1回目を東京/新木場駅前にある「木材会館」で開催するお知らせです。

 詳しくは此方をご覧ください。  ライブドリアード2011 詳細情報

 森の食彩会で㈱杉坂建築事務所からは元祖・上野うさぎやのどら焼き50個が提供されます。早い者勝ちですよ~。




「木の凄い家」本舗
  1. 2011/02/07(月) 15:14:51|
  2. 月舞台スケジュール/報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

適材適所の会 杉の素晴らしさ研究会定例会

 適材適所の会 杉の素晴らしさ研究会定例会

 愛工房の低温乾燥の評判を聞きつけ、伊藤好則さんの工房を訪ねたのは今から半年ほど前のことです。低温乾燥の杉材の魅力を伝える伝道師のような加藤政実さんにお会いしたのもこの時が初めてでした。今回その加藤さんを中心に開かれる「適材適所の会」に参加してきました。杉という素材が植物や人にどのような影響を与えるかの研究報告がありました。

 木が住人にどのような影響を与えるか、、ということに関しては実は私なりの意見があります。発表の流れを壊すのでこのときは意見表明を避けましたが、、。以下に少しだけ私見を入れます。


 木の精油成分などの化学物質が人に影響を与えているなら、そのエビデンスを見つけるのは難しいことではありません。もちろんその効果もあるだろうけど、もっと大きな全体的効果があると私は思っています。それは「木は人の5感をはじめとするさまざまな繊細感覚を攻撃する尖った環境刺激を和らげる働きをしている」という事です。
 たとえば、森の安らぎは何に由来するか?それはフィトンチッドやマイナスイオンといった物質の関与もあるかもしれないけど、それよりは環境刺激の和らげられた空間になっている事。つまり人の器官に対する全ての刺激が丸くなっているからだと思うのです。太陽の光も熱も、音も匂いもすべてがやわらかく吸収反射散乱され、とがった刺激が丸くなっている。ここに人は意識せずに無条件に安らぎを覚えるのではないでしょうか。
 今の建築の内部は人工物質に囲まれています。音も光も熱も匂いも触感もすべての刺激は人工的でで尖っています。自然の人の声さえ人工物質への反響で尖る。これらの人工刺激の総体環境に人体はストレスを感じているのです。自然の木、その中でも柔らかく人肌に近い杉は、これらの人工の尖った刺激要素を全て丸めて滑らかにして反射散乱吸収調整してやわらかく返してくれる。これが素材としての木の効用の第一なのではないか。こういった効果は総合的な計測は難しいからなかなか結論が出せないでいるわけでしょう。

 意識しながら、いろんな家に住んでみればこの事は直感的にも体感的にもすぐに納得できるはずです。





「木の凄い家」本舗
  1. 2011/02/11(金) 22:33:45|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木暮人倶楽部 設立準備総会

 木暮人倶楽部 設立準備総会

 新木場の木材会館で木暮人倶楽部の設立準備会が行われました。吉田就彦さんが発起人になって木に関わるステークホルダーを縦断する全国組織を設立しました。木には偏った価値観やセクショナリズムが取り巻いている様に見えます。木を正しく評価し、その取り扱いの姿勢を正していくことが日本文化の正しい方向性を定めることになるのです。
 この試みは、さまざまなIT・メデァ技術を使って多くの若い人たちをも取り込んで、大きな価値の基盤を強固に広げていこうとする試みだと理解しています。私も理事の一人として微力ながら協力していこうと思っています。


L1000847_convert_20110215223243.jpg
<木暮人倶楽部のロゴは関橋英作さんのデザイン>




木の凄い家」本舗
  1. 2011/02/14(月) 22:53:34|
  2. 出来事雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文楽 菅原伝授手習鑑

 文楽 菅原伝授手習鑑
 
 国立劇場で文楽をみました。伝統芸能って言うのは素晴らしいですね。歌舞伎もいいけど人形浄瑠璃の表現の仕方は現代では考えつかない発想だと思います。ひとつの人形を3人の黒子が操る様は見方によってはドタバタだが、その結果出来上がる人形の動きや表情は見事としか言い様がない。大夫の語りも見事で誰が主役か分からなくなる総合芸の世界でした。

 国立劇場は確か50年位前の竹中の建物ですが、当時は校倉造りの外観イメージがモダンでした。いまでも建築の古きよき時代の暖かさを感じる建物です。



IMG_4265_convert_20110221074715.jpg
<ザ、ナショナル シアター>



木の凄い家」本舗
  1. 2011/02/19(土) 23:38:13|
  2. 出来事雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビ放映

 テレビ放映

 お昼の日本テレビの番組で「月舞台」のキッチンが紹介されました。生きた木を使うことの素晴らしさを語りましたが残念ながらカットされていました。ずいぶん長い時間撮影しましたがオンエアは短いですね。見逃した人の為に再放送しておきますね。







  1. 2011/02/22(火) 17:32:24|
  2. 出来事雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる