FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

PLUS1 LIVING 6月号

2月に「住宅資産価値の嘘」で紹介した横浜の辻邸が紹介されています。

PLUS1 LIVING 6月号 主婦の友社




スポンサーサイト



  1. 2009/05/07(木) 09:35:35|
  2. 掲載雑誌・記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新月の木 ふたたび

 新月の木 ふたたび

 新月の効果は人にとって小さな現象だが微生物の世界では大きな影響を生んでいるらしい。小さな世界で圧倒的な現象も、大きな世界では目に見えてこない。この小さな世界の大きな動きにスポットを当てるには「物語」の構築しかない。
 ヒッグス粒子だって壮大なる物理の叙事詩であって、現象としては人間の感知する粒子ではない。物性の探求も物語の断片にすぎないのだ。だから月の影響でチーズが美味しくなったり、米に虫が付かなくなるーそのことをそのまま木の材料物性に当てはめようとしても上手くいかない。


 ミクロの現象は大きな力にはひとたまりもなく吹き飛ばされる。だからミクロな現象を保存し発現させるのは難しい。上手く発現できるように最大の注意を払わなければならない。そのためのトレーサビリティー管理であり山の努力、職人の努力、住まい手つかい手の努力なのである。
 そして、この関係性の広がり、親密さの程度が新しい確固たる「物語」を生む。この「物語」の体系はともすれば面倒な関係をも同時に生み出す。現代はこの関係の面倒くささを嫌う。クローズドに分断して効率を高める現代の風潮。しかし、この風潮がやたらに問題を生み出しているのもまた事実なのである。

 実は正しいストーリーの体系に参加していることが、一方向の暴走を防ぐセーフティーネットになる。これは生物社会-生態系の教えである。新月の木はエコロジー哲学を具現化する正しくも美しく壮大な物語なのである。




  1. 2009/05/22(金) 12:01:27|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる