FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どちらを選ぶ??住宅の2極化

 どちらを選ぶ??住宅の2極化


 住宅も価格破壊が続いています。パワービルダーの低価格競争に巻き込まれて、家つくりの本質を見失っています。
 近頃新聞広告にはローコストで性能のいい家が大々的に宣伝されています。今だ時代遅れの大量生産、大量販売、薄利多売方式。こういった住宅は工業製品の寄せ集めでできているから、かえって品質は安定しているし機能性能も確保されているらしい。
 でもこれは所詮工業生産品としての家。室内空間は工業建材で覆われているし、熱環境の作り方だって人工的な制御に頼る。こういった「工業的生産/人工制御系」から脱却し「生物的生産/自然制御系」に変える取り組みがこれからの家作りには成されなければならないと私は思います。


 「工業的生産/人工制御系」から「生物的生産/自然制御系」に変えることで住宅の質は劇的に変わります。自然の生きた素材で出来た空間は、工業建材の空間とはまったく次元が違ったものになります。その差が何に由来するかの化学的分析は難しい。しかし、人は細胞レベルでそれを感知して身体や精神に影響を受けているはず。比べてみれば一目瞭然の差があるのです。

 
 熱環境も空間の質と見ればそのコントロールの仕方はやはり大変重要。エアコンなどの人工制御はもっとも安易なやり方で、住人をまるで家畜管理しているような扱いに見えます。そんなやり方を卒業して、エネルギーの源である太陽と地球の熱の収支バランスを取る工夫を知恵と技術で構築すること。これが人にも地球にも一番健康を与えるやり方なのです。形や空間の構成は、こういったことを実現する必然性をもってデザインされているべきです。


 生物的生産/自然制御の手法は多岐にわたります。さまざまな価値観や技術が混在し情報判断が混乱する中、私はいつもこの2つの指標に立ち戻って考え、判断するようにしています。そうすれば、あまり大きなミスはしないと思っています。




スポンサーサイト
  1. 2009/04/03(金) 12:08:51|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。