FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月的建築術(その41)

 ヒマラヤ月の夜灯火

 ヒマラヤ・トレッキングに行ってきました。ネパールのカトマンズからポカラへ、さらに山岳飛行でジョムソンへ。ここがトレッキング開始地点です。10月31日はちょうど真っ暗闇の新月の日でした。満天の星空には天の川もはっきり見えました。

 翌月の2日の空には三日月がありました。ちょうどこの日はムクチナートから隣のマルファ村までミニトレックをしましたが、途中日が暮れて帰路は真っ暗な山の道になった。チベットの山の道に光はまったくない。しかもランプも何も持っていないお気楽で危ない状況。この時、あんなに細い三日月の何と心強い光。2~3日前の新月の闇なら帰りつけなかったろう。西の空に低く、しかし頼もしく美しいヒマラヤの山に頂に浮かぶ三日月。あれが山陰に落ちないうちになんとしても帰らねばならない。まさにお月様にお祈りしながらの帰路でした。

 今、私たちの周りには夜でも光が一杯あるから月の存在は無視されています。しかし昔は相当頼りにされていたに違いない。月は人々にとって、もしかしたら太陽よりも大きな存在だったかもしれない。そんなことを実感した貴重な体験でした。




<ヒマラヤ山岳飛行の窓景>



スポンサーサイト
  1. 2008/11/13(木) 11:29:56|
  2. ムーンハウジング/月的寓居
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

月的建築術(その42)

 農的家づくり考

 先日、静岡県天竜のTSドライ協同組合の案内で新月伐採の体験をしに行きました。豊かで生命に満ち溢れた山森(やまもり)を体験しました。身体を使って木と対話しながら、その命をいただいてゆく山の仕事。自然と調和しながらの労働の本質を垣間見ました。

 森の仕事の飯は豊かに旨い。これもひとつの発見。森の周辺は圧倒的に豊かな食の文化があるのです。全てが本物で、何でも飛びぬけて旨い。野生の山芋、手作りこんにゃく、猪鍋に鹿肉、岩魚、蜂の子、ジャガイモしいたけなどなど、、。森の仕事を支える身体はこういった豊かな食に支えられているんですね。
 たとえばマックのハンバーガーを食いながらの木づくりなんて想像できません。ジャンクフードに合った労働はせいぜいパソコンのキーボードをたたいて金を稼ぐ先細りした現代的労働だけなのでしょう。

 木づくりを農の一種と位置づければ、農を延長しての家作りを考えることが出来そうです。現代の建材と部品のアセンブルによる家作りも労働としては完全な先細り状態。だからこそ家つくりに農の視点を加える必要を感じるのです。



IMG_1307_convert_20081120111937.jpg
<旨かったな~>



 月暦と農業の密接な関係を見れば、森林と月の相がしっかり結びついていることも理解できる。月を介することで農の視点で家作りを振り返ることも出来るに違いないのです。

 現代社会の中ですっかり対極化した生命源泉山森シェルターと現代の貧弱な家の違いに思いを馳せた一日でした。



  1. 2008/11/20(木) 11:18:37|
  2. ムーンハウジング/月的寓居
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月的建築術(その43)

 月はどっちに出ている

 こんな映画のタイトルがありましたよね。深夜に月舞台に寝ころんで月を見ていると、ふと自分と月との相対的位置関係を見失う事があります。月ははたして自分の上にあるのだろうか?という疑問。心を静めて月と相対していると、宇宙空間の中に浮かぶ月と私(地球)の境地になるのです。

 地球という重力場には上と下つまり天井と床は歴然と存在します。ところが宇宙空間には上も下も横もない。この感覚は想像するのが案外難しいですね。たとえば飛んでいる宇宙船には上下の区別はなく壁や天井、床の区別はありません。地球上にあるときだけ宇宙船には上下が認識されるのです。地上の空間で天井にイスがついていたらシュールですが、この空間が宇宙に出るとそのイスは立派に機能する。壁や天井が使えれば床面積は6倍になる!?

 こうしてみると人間とは宇宙の原理にそもそも調和していないゆがんだ感覚を持つ生き物に見えないこともない。地球平面にへばりついた2次元的扁平生物なのです。
 本来建築は3次元空間を切り取るもの。しかし実態は2次元的発想にがんじがらめに縛られた平面空間にすぎないのですね。




  1. 2008/11/30(日) 09:07:52|
  2. ムーンハウジング/月的寓居
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。