FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

余りものが主役級に<月的寓居Ⅳ建築レポートその2>

 余りものが主役級に<月的寓居Ⅳ建築レポートその2>

 月的寓居Ⅳが着工しています。昨日また天竜の水窪で打ち合わせをしました。中央に立つ芯柱の根元が一間ほどの長さあまったので6センチ程にスライスしておいてもらいました。素晴らしい尺幅の桧の厚板が6枚も取れました。これで居間に素晴らしい桧のTVオーディオラックができるかな?


DSCF4270_convert_20120831145246.jpg
<柱と厚板、主役はどっち?>



「木の凄い家」本舗
スポンサーサイト



  1. 2012/08/31(金) 14:53:19|
  2. アフォーダブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフォーダブル 英語版

Affordable

The cost of construction improves that much if a good material is used, work that it takes time or good performance is requested. It is natural that good things even such as car, food, and clothes cost a lot.
But construction cost high total. Therefore, it is also certain that there is room for the total cost compression that much.
A lot of low cost houses compress the price by sacrificing and cutting something of the main body. If a necessary thing is endured or is saved, it becomes a result of the compromise. A halfway property doesn't become a stock in the future.

Omitting the process of circulation, designing to decrease the construction of occupational category, improving the ratio of the client provision and DIY, the construction price falls surprisingly by doing this. An architectural price is suppressed to about 20 percent low by CM (construction management) of construction so far. This was to have expected actually.

The increase and decrease of the cost and the change in the specification are generated easily in building operations .On the character, if too severe budget is managed,the risk of the deficit grows, too. Therefore, it has become an industry constitution that secures the profit with room before one is aware. We should aim at making of the cost thorough transparent. And, I think that it is a calling of time to make a high-quality dwelling for the client an affordable price. Do not depend too much on word ‘reasonable’. It is necessary to review contents of ‘reasonable’.

We should review the price of excellent construction for the re-revival of the construction industry. I think that it is a road that everybody gains after all.



アフォーダブル 日本語版


  1. 2010/11/18(木) 15:28:53|
  2. アフォーダブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフォーダブル vs リーズナブル

 アフォーダブル vs リーズナブル

 良い素材を使ったり、手間の掛かる仕事をしたり、性能を上げたりすればそれだけコストはアップします。車だって食べ物だって衣類だってよい物は高いのは当たり前です。しかし、建築の場合総額が大きいですから、それだけトータルコスト圧縮の余地があることも確かなのです。
 多くのローコスト住宅は、それだけ本体の何かを犠牲にしたり削ったりしてローコストを実現しています。それではいつまでも未来の環境の為になりません。不良資産ばかり再生産されてしまいます。流通の過程を省いたり、工事職種を減らす設計をしたり、施主支給やDIYの比率を高めることで工事価格は案外下がるものです。従来より建設のCM(コンストラクションマネージメント)で建築価格は2割ほど低く抑えられることは予想されていたことなのです。

 建築工事は性格上その変更とコストの増減が発生し易く、あまり厳しい予算管理では赤字のリスクも大きいということで、いつのまにか余裕を見て利益を確保する業界体質になってしまいました。やはりここはコストの徹底的な透明化を目指し、クライアントの立場に立って高品質な住居をアフォーダブルなものにしていく事が時代の要請なのだと思います。リーズナブルという言葉に甘えてはいけません。リーズナブルの中身を見直していく必要があるのです。

 落ち込んでいる建設業界を再復興させるために建築をアフォーダブルに見直すこと。これが結局は皆が得する道のように思えます。




関連ページ「木の凄い家本舗」



  1. 2010/07/27(火) 15:31:25|
  2. アフォーダブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる