FC2ブログ

Forest Symbiosis Theory

Concepts of forest symbiosis housing and forest medicine for foreigners.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

What is Forest Therapy

What is Forest Therapy

Ochiai: The way of forest therapy is very succinct. That is using five senses. It is to release the senses. Can you release the senses at this place now? I think that you can not do it. Listen carefully, look closely with your eyes, feel the smell, also sharpen the skin sensation such as wind flow. You can not do it even if you are told to do it in this environment now. It can be done when going into the forest. The point is that environment.
In other words, entering into the forest can make the five senses work at the same time. Then you can hear various sounds and smell a lot, you can do various things at the same time. What we can do is to have five senses open at the same time. That's why stress is released. It is impossible to do so in an artificial environment. That is forest therapy. To say extremely in short, it is that kind of thing.

Ochiai: Just to do that, the medical effect you said earlier emerges.For example,it is amazing that immunity will improve. If the immune power increases by 30%, 40%, it will become a body that will not catch a cold. Or it can become a body hard to become cancer. It is prevention against various diseases by getting stressed. It includes mental illness.

Ochiai: That is the rule of nature. Even though it was not in a normal state with various stresses until then, but it got becoming in a normal state soon.


スポンサーサイト
  1. 2016/11/15(火) 15:58:47|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Forest medicine and sensory organ called mouth

Forest medicine and sensory organ called mouth

Ochiai: When saying the stimulation to the senses received from the forest, sensuousness like mouth seems to be in a special position. When I taste it, I do not understand what the taste is from the forest. It can be understood that eye is related to light,sound is related to ear, smell is related to nose, skin sensation is related to thermal environment etc. However, the relationship between the forest environment and the taste is a bit ambiguous because forest seems to have no taste.

Ochiai: When I think about it, humans body starts from the egg and get out of the intestines. It is the intestines that are first made in our body,then mouth and anus. After all, the structure of a person enters from the mouth and comes out of the anus from the tube structure. So mouth is important as the basic structure of human, not only to eat but also to be the beginning of various cultures and actions. So it is probably the most important thing for children to arrange cuisine and dishes, which is the first step in the code of conduct in human formation and culture. You can say that your mouth is controlling these things.

Ochiai: So preparing meals for children is not an unpleasant task, but rather a fun game and cultural thing. I hope you can link the actions to eat that way to culture.




  1. 2016/10/15(土) 16:09:16|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Idea of forest symbiotic architecture

Idea of forest symbiotic architecture

Ochiai:We are always under stress. Children also do in the same. The only diseases that have been proven to be caused by stress are listed. Stress is the cause of most diseases. This is not known too much. Everyone has an image of some extent that it becomes a mental illness when there is stress. However, there are many people who do not know that it has influences such as angina pectoris and peptic ulcers. So I think you will understand how important it is to get rid of stress,if you see this table.

Ochiai: This is Meiji Shrine of Tokyo.
Such things are in the middle of Tokyo. Humans should originally live in this green part. People should have lived in environmental capsules,such a green capsule. However, We are living in the part that protrudes from there. Then you can see that it is a completely different environment. We feel stressed with this. But everyone can not live in this forest anymore. While living on the protruding side, We have to copy the elements that the green side has. That is the starting point for the idea of forest symbiotic architecture.


  1. 2016/09/15(木) 16:39:39|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Human senses and dwelling

Human senses and dwelling

Ochiai: What is a forest? What is nature? It is human senses to receive and feel the information of the environment.
Therefore, it is easy to understand analyzing the identity of environmental information by dividing it into stimulus signals to the five sensory devices. The most obvious is vision. The forest is full of green light. The reason the leaves are green is because the leaves reflect and transmit the green light in the sun's rays. People who evolved in such an environment feel stressed unless they are as green as possible during the day. When we go to the green place, it feels somewhat pleasant because we are in a state where the genetic structure is oriented.

Ochiai: When thinking about the original human dwelling, it is important to consider how much this green is adopted and how much green light is taken in. However, there is no such idea in contemporary architectural planning. In addition, in terms of important light, in order for human beings to live healthily, we need a mechanism to reset the biological clock every day. For that, blue light in sunlight is necessary. The mechanism to reset the body clock every day by taking a blue light every morning is structured not only in the human body but in all creatures. However, modern dwelling does not have such a function. The light of the sun is used only by the idea of adopting it as energy at the most.


Ochiai: There's one more thing. We turn on electricity as soon as it gets dark in our modern life. It does not happen in the forest. But perhaps our urban environment will be quite bright. This is truly contrary to the natural rhythm. The biological life rhythm and the environmental rhythm conflict.

Ochiai: So in the housing, I think that something like such an interface of light must be secured with considerable importance. When getting up in the morning,blue light will come into your eyes naturally, or in the daytime you must be able to see the green light somehow. And in the evening we can make it dark as it is. Such a construction plan becomes necessary from the viewpoint of light design..


  1. 2016/08/21(日) 11:37:59|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Contact environment of the residence

Contact environment and floating feeling
Ochiai: The material of the floor is very important. Many people think that they want to make the floor from wood. Actually,the bottom of our feet is always touching to the floor. So the material that touches the back of the foot is very important. Of course I agree to use wood there. At the same time, the stability feeling that the foot stands on the ground surface is also very important. The high rise apartment seems to be popular nowadays, but it is because some sense is becoming insensitive. for person not accustomed to a high place, a distinctive floating feeling is disgusting. After all, floating from the ground does not match the human sense. That is probably a factor of stress. People should not live in more than a tree height(height of the forest) after all.

Static electricity living environment
Ochiai: Also, the problem of charging on the human body is serious. It is dangerous to put yourself in the electric field. The environment of artifacts is very charged. There is a potential difference with yourself, and weak current flows constantly in the body. That is our living environment. However, there is no place to be charged in the woods. Since all the electric charge flows on the ground, it is completely neutral in terms of electric potential. In order not to charge the house, do not float the floor with the earth structure. If you do not have space under the floor, you can escape the electrons to the ground so you can prevent the charging environment.

Heat capacity of the soil floor
Ochiai: There are lots of other benefits if you also make the soil floor. On the soil floor there is the ability to store the heat that is to say heat capacity. Compared with the ground, the tree building itself has not so much heat capacity. Therefore it is better to store a lot of heat on the ground surface. This heat can be used to make the temperature of the building. Controlling the indoor thermal environment with the building's own body temperature is the most comfortable and healthy way. It is called ground radiant heat environment.
Everybody sat on the ground as it was a warm floor in winter. The soil floor is comfortable again because it is cool with the natural temperature in the summer.

Make houses with naturally dried trees
Ochiai: We use wooden materials that are natural dry. Since natural drying is not dried with a high-temperature dryer, the tree's life function, such as humidity control function or aroma secretion function and air purification function remains in the tree. Now at a rate of almost 90 percent or more wood is dried at high temperature. Wood that has been dried at high temperature has lost its important life function.
Ochiai: You should build a house with trees that are natural-dried and have not lost their original life functions.


forest baubiologie studio

  1. 2016/07/21(木) 16:21:43|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝統構法は何故素晴らしいと言えるのか?④

 伝統構法は何故素晴らしいと言えるのか?④

 人から手仕事を奪って機械化オートメーション化している現代のシステムは人を幸せにしません。時間を図ることで金銭に換算している現代社会は次々と不幸を生み出します。手仕事の価値をどうしても金銭に換算するなら、それは自然の価値と同じですからプライスレスです。これでは困るので皆値段のつけやすい方向に進んでしまうのでしょう。そういう人たちから見ればプライスレスは恐ろしいもので、うかつに近寄れません。
建築における伝統工法も、そういう意味では価格の見えない恐ろしさを持ちます。だから皆、遠巻きで見ている状況なのでしょう。 
 さて、熟練した直接の手仕事ほどゆらぎの度数は大きくなることは先ほど述べました。現代の建築生産現場の電動工具による仕事では、直接の手仕事が作り出すゆらぎの再現はできません。しかし、たとえ製材所で機械製材された材木でも最終仕上げを職人が鉋で仕上げ、それを表しに使うことでゆらぎを復活させることができます。
 伝統工法の素晴らしさは簡単に言うと「自然素材で人の手でつくる」と言う事につきます。たったそれだけのことの価値が莫大であることを示す概念が今までありませんでした。

 建築をつくる技術は壮大な体系です。これの技術技能を持つ優れた職人が自らの知恵と手で作る一番大きな創造物が建築です。創造者の知恵があるほど、技能があるほどに、その創造物はゆらぎを増すはずなのです。そのゆらぎ度数を究極に高める努力が職人の修行なのだと思います。ですから建築を使う側がこの価値を見極め、そのことを称賛する価値観を確立しなければならないのだと思います。そしてその仕事はすべて芸術につながり芸術は人の生命にまで貢献すると言う事が明らにしてくれたのが1/fのゆらぎという性質です。
 そして、人の手仕事すなわち芸術にそのゴールがあるとしたら、それは自然が作り出す造形に究極に近づけることになります。そこにはもはや人間の個人の意思ではなく自然の意思、すなわち自然と一体化した意志のなせる業と言う事ができるでしょう。



森林・環境建築研究所

  1. 2015/01/03(土) 07:44:04|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手仕事のもたらす究極のゆらぎ

 手仕事のもたらす究極のゆらぎ③

 石膏ボードにビニルクロスを張った壁と漆喰の塗り壁を比較してみましょう。ビニクロの壁に自然のゆらぎがないのは明らかですが、さらに卓越した職人が塗った漆喰壁と素人の私が塗った漆喰壁ではどちらが1/fゆらぎ特性を持っているのでしょうか?
 一目する違いは職人の塗る漆喰は鏡のように平滑であり、私の塗る壁はある意味揺らいでいるように見えます。しかし、私の壁は分析してみると1/fのゆらぎではなく、単なるゆがみです。これは見苦しい雑さに過ぎません。すなわち単なる不規則性が生み出したパターンなので人に感動をもたらさないのです。卓越した職人の生み出す平滑な面は微細にみて分析すると1/fゆらぎの度数が格段に高く検出されます。
 このように人の手仕事は熟達すればするほど究極にゆらぎの精度と度数が上がってきます。ここに芸術作品の本質があるといえます。

 魯山人の陶器、モナリザの絵画、モーツァルトの音楽といった昔から万人に評価される芸術は、共通のゆらぎの原理で統一されているのです。芸術品が時代を超えて評価されるのは自然との調和の度合いが究極であるという意味なのです。すなわち、ここに職人の手仕事の素晴らしさを決定的に測り取る基準があるわけです。
 人間が万物の霊長たるゆえんは、突き詰めた手仕事が自然の持つ特性に究極に近づけられることだと言うことが出来ます。職人の技能は人にしかできない究極
の芸術で、その芸術は人の生命に貢献するという究極の価値を持っている。この事が1/f特性を持つゆらぎの度数をカウントすることで数学的に示される真実になるわけです。


ダウンロード (1)
<職人の手がもたらすゆらぎ>



images (7)
<素人の私のはゆがみ>



森林・環境建築研究所

  1. 2014/12/30(火) 05:12:16|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/fのゆらぎとフラクタル構造の関係②

 1/fのゆらぎとフラクタル構造の関係②

 ゆらぎの視覚的な構造パターンをフラクタルといいます。フラクタルな構造パターンは自然の造形に現れます。木の形、貝殻の形、鳥巣の形そして人の血管の構造や内臓壁などに現れている形の法則です。簡単に言うと部分と全体が相似形である構造です。
 1/fのゆらぎの波形がフラクタルのパターンであるのが驚きです。このことがゆらぎのリズムは視覚的パターンに変換できる根拠となっています。

 ゆらぎのリズムを持った模様とはどんなものでしょう?例えば木の年輪模様はフラクタルともいえるし1/fで揺らいでいるとも言えます。この意味は、年輪間隔を正確に測ってグラフにしてみるとそのグラフ波形がフラクタル波形になっているということです。
 そうしてみると人の手による仕事は、例えば鉋で削られた木の表面とか左官職人が平滑に仕上げた壁の表面とかはミクロにみると一様な平滑さではなく揺らいでいます。
 自然素材を使って職人が手と道具だけで仕事をしていた伝統的な住宅建築と現代住宅の圧倒的な違いはゆらぎがあるかないかの違いなのです。そしてこの違いは本質的なとても大きな違いになります。

この大きな違いとはいったい何でしょうか?




森林・環境建築研究所
  1. 2014/11/14(金) 09:29:55|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/fのゆらぎと生体リズム①

1/fのゆらぎと生体リズム①

1/fのゆらぎとは何でしょうか?そもそも自然のふるまいを記述するのが物理学であり、その記述の言葉として数学があります。微積分学も自然現象を説明するために生み出された学問です。だとすればこの自然界で普遍的に存在するゆらぎという現象も数学的に記述できるはずです。例えばろうそくのゆらぎを数学的に記述するのが1/fゆらぎの法則なのです。(数学的説明は後述)

生物の持つ様々な生体リズムにはすべて1/fのゆらぎがあります。逆を言えばゆらぎがないと生命維持はできないとも言えます。
もしも我々の人体リズムが揺るがない正確なリズムだとしたら?リズムが電車のレールのように正確に決まっているとしたら、脱線したら終わりという極めて脆弱なシステムになります。人間ほど高機能で精密複雑な機能を動かすのにアジリティーあるいは柔軟さとしての適切なゆらぎは不可欠なのです。すべての生物の持つ生体リズムは揺らいでいるのはこのためです。マシンと生物との決定的な違いはここにあります。


1/fゆらぎは自然界の現象やすべての生命体が持つ時計遺伝子のリズムに共通する特性です。ですから我々自然の一部としての人間は、このリズム特性をもつ波動に共鳴して心地よさを感じます。この気持ちいいという感覚は生体に何かしらのプラスの影響があったことを意味しています。



森林・環境建築研究所
  1. 2014/10/30(木) 09:19:44|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

手仕事は人に快感を与える③

 手仕事のもたらす究極のゆらぎ

 石膏ボードにビニルクロスを張った壁と漆喰の塗り壁を比較してみましょう。ビニクロの壁に自然のゆらぎがないのは明らかですが、さらに卓越した職人が塗った漆喰壁と素人の私が塗った漆喰壁ではどちらが1/fゆらぎ特性を持っているのでしょうか?
 一目する違いは職人の塗る漆喰は鏡のように平滑であり、私の塗る壁はある意味揺らいでいるように見えます。しかし、私の壁は分析してみると1/fのゆらぎではなく、単なるゆがみです。これは見苦しい雑さに過ぎません。すなわち単なる不規則性が生み出したパターンなので人に感動をもたらさないのです。卓越した職人の生み出す平滑な面は微細にみて分析すると1/fゆらぎの度数が格段に高く検出されます。

 このように人の手仕事は熟達すればするほど究極にゆらぎの精度と度数が上がってきます。ここに芸術作品の本質があるといえます。
 魯山人の陶器、モナリザの絵画、モーツァルトの音楽といった昔から万人に評価される芸術は、共通のゆらぎの原理で統一されているのです。芸術品が時代を超えて評価されるのは自然との調和の度合いが究極であるという意味なのです。すなわち、ここに職人の手仕事の素晴らしさを決定的に測り取る基準があるわけです。

人間が万物の霊長たるゆえんは、突き詰めた手仕事が自然の持つ特性に究極に近づけられることだと言うことが出来ます。職人の技能は人にしかできない究極の芸術で、その芸術は人の生命に貢献するという究極の価値を持っている。この事が1/f特性を持つゆらぎの度数をカウントすることで数学的に示される真実になるわけです。 



ダウンロード (1)



images (7)

<一流職人の塗った壁と私の塗った壁は何が違うのか?>



森林・環境建築研究所
  1. 2014/01/03(金) 05:04:48|
  2. 生命素材主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Toshiya Ochiai

Author:Toshiya Ochiai
落合俊也(おちあい としや)
Toshiya Ochiai

建築家/ 森林・環境建築研究所 代表
Forest Baubiologie Studio Inc.


森林・環境建築研究所 Web Site

[Forest Baubiologie Studio]
http://www.fb-studio.jp/

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。